建築系求人サイトへGO

建築系の職人の正社員になるメリット

建築系の職人の正社員になるメリット

建築系の職人の正社員になるメリット 建築系の職人が正社員になるメリットは大きく分けて二つあります。
一つ目は労災への加入ができとその手続きをしなくてすむ点であり、二つ目は営業や受発注などの事務作業は別の人間に任せられる点です。
まず労災についてです。職人はあくまで個人事業主であり、そうなると基本的には労災への加入ができません。
つまり怪我が多い建築現場での業務中の事故に対して公的な補償がないことになってしまいます。
現在そういったいわゆる一人親方に対しての特別な労災がありますが、その手続きは煩雑であり、また専門的なためかなりの労力が必要になります。
次に事務作業についてです。
個人事業主だと、営業や仕入れ等の受発注作業をすべて一人でしなければなりません。
さらには確定申告も必要になってきます。
現場が終わってからそういった事務処理を行うのは休む暇がなくなり、現場の効率にも影響が出てしまいます。
以上のような観点から、労災で公的な補償をしっかりしてもらいながら、煩雑な事務作業などから解放され、自分のする作業に集中できるメリットが正社員にはあります。

建築に携わる職人は将来性があり長く続けられる

建築に携わる職人は将来性があり長く続けられる 建築の仕事はどの時代にも必要なので、職人には将来性があります。
建物を建てるには職人が作業をして成り立ちますし、機械やロボットには置き換えることのできない熟練の技術も必要です。
確かに体力が必要な仕事ではありますが、身につけた技術を活かして体が動かなくなるまでは仕事として十分に働くことができるので、手に職を付けたいという方に最適でしょう。
仕事をしながら技術を身につけていくタイプの職業なので、最初は未経験でも問題ありません。
また、学歴がなくても始めることができる数少ない仕事でもあります。
厳しい修行を経て一人前になっていくので、最初のうちは大変と思う方も多いです。
しかし、こうして身に付いた技術は将来使い続けていくことができるので無駄にはなりません。
最近は人手不足とも言われており、若い世代が職人になる数が減ってきているので、就職のチャンスも十分にあります。
必要性は建物を建築する必要がある限りなくならないので、しばらくは求められ続ける存在でしょう。

Copyright © 2021 建築系求人サイトへGO all rights reserved.